音楽が持つ力はとてつもなく強く、音楽の魅力は誰でも楽しめる事

音楽が持つ力に驚いている人も多いのではないでしょうか。音楽は力を持っています。その力というのは、どのような力なのか、ここではその力について詳しく考えていくと共に、魅力についても考えていけたらいいなと思います。

音楽が持つ力に時に助けられる事がある

音楽が持っている力には時に助けられる事もありますよね。私も経験があるのですが、嫌なことがあったときに気分がすぐれない。でも音楽を聞くと元気になるという事があります。悲しい出来事があったときあえて悲しい曲を聞いて、悲しみに浸ってみるのもいいと思いますし、悲しいときに元気になれる曲をかけて元気をもらう事もできます。悪いときだけではありません。楽しいときにもっと楽しくなれるように曲をかけるという事もあります。小さなころから身近にある音楽。その音楽が持つ力に知らない間にいつも励まされたり慰められたり応援されたりしているわけですね。

歌詞が共感できるという事も

音楽の種類にもよりますし曲にもよると思うのですが歌詞が共感できるという事で、その音楽が好きだという人もいます。洋楽であっても、なんとなく歌詞の和訳をネットで調べてみたらすごくいい歌詞だったという事もあります。もちろん和訳を読まなくても自分の解釈でその世界に浸るというのもありだとは思います。

作って生み出す力について

音楽は誰でも作ろうと思ったら作れます。そして作って生み出された音楽にも力があります。本当に音楽というのは誰にとっても身近なもので、お金があろうがなかろうが、仕事をしていようがしていまいが、関係なくだれでも平等に楽しめます。年齢も関係なく楽しめるのが魅力です。自分で曲を作ってみようって鼻歌を歌ったっていいですよね。